<< August 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

May 25, 2007

[民主党] ブーメラン・ブーメラン
May 25, 2007 11:07 AM written by 兼乃

無駄遣い補助金は小沢氏の指導? 首相が責任指摘
(Sankei WEB)
「小沢さんが出した例は、海部内閣のときに交付措置をしたもので、当時は小沢さんが(自民党)幹事長を務めていた」

 安倍晋三首相は23日、日本経団連の定時総会であいさつし、16日の党首討論で民主党の小沢一郎代表から「無駄遣い」と批判された補助金制度創設の経緯を説明、小沢氏を痛烈に皮肉った。

 小沢氏は党首討論で、国の補助金で建設されながら12年間利用されずに閉鎖された福井市内のスキー場を紹介。融雪装置の設置とスキー場建設のセットでなければ政府の補助金を受けられなかったため、地元負担との合計で1億円以上の公費が無駄になったと批判していた。

 首相は「(当時の小沢氏は)党の指導者。私は議員にすらなっていなかった」と述べ、暗に小沢氏の責任を指摘。さらに「私の内閣では絶対にしない」と強調した。

やはり民主党ってことで、見事に自分に跳ね返ってきてますなw

May 23, 2007

[民主党] 民主くん
May 23, 2007 05:41 PM written by 兼乃

【民主党】 新キャラ「民主くん」
(痛いニュース(ノ∀`))
不評を買った民主党のテレビCMをめぐり、同党地方議員の若手有志が「対案」を独自に制作し、近く党本部に提案する。小沢代表を前面に出した現在のCMに比べ、党のロゴマークにヒントを得たキャラクター「民主くん」が登場するのが特徴。党本部にアイデアを提供し、統一地方選の議席増を参院選につなげたい考えだ。

確かにやる気も覇気も感じられない小沢氏のCMもアレだけどさぁ・・

民主くん
コレはねぇよw


[>>民主党 web-site]

オリジナルを見てみたいのだけれど、探し方が悪いのか民主党のサイトからは見つからないんだよねぇ・・・。

追記:
ああ。確かに「クレクレタコラ」に似てるな。外見だけでなく中身もw
[>>玄倉川の岸辺 がんばれ!民主くん!!!]
[>>クレクレタコラ - Wikipedia]

April 19, 2007

[領土問題] 竹島資料室
April 19, 2007 01:54 PM written by 兼乃

「竹島資料室」オープン
(スポーツ報知)
島根県は19日、日韓両国が領有権を主張する竹島の資料を保管、展示する「竹島資料室」を県庁分庁舎に開設した。

 日本側の古文書や絵図のほか、韓国側の書籍や地図など約200点を保管。5月18日まで記念展示「明治以降の竹島」を開き、1905年に竹島で捕獲されたニホンアシカのはく製など23点を公開する。

 澄田信義知事はオープニングセレモニーで「竹島問題の解決につながる施設として、たくさんの人に来てほしい」とあいさつした。

(2007年4月19日12時45分 スポーツ報知)

いつか行ってみたいね。


[>>島根県 : 竹島]

竹島プロジェクト2007

April 16, 2007

[政治] 安倍首相が民主を批判
April 16, 2007 11:32 AM written by 兼乃

安倍首相が参院補選で初遊説=福島入り、民主を批判
(時事ドットコム)
安倍晋三首相は14日午後、参院福島補欠選挙(22日投開票)応援のため同県入りし、福島市など4カ所で街頭演説した。首相は「民主党は口を極めて格差、格差と言うが、何もやってこなかった。文句は誰だって言える」と民主党を厳しく批判。同時に「(経済成長による)景気の波をこの地域にも波及させていく」と強調した。
 また、首相は「美しい国を造るためには、教育が一番大切だ。子どもたちが高い水準の学力と規範意識を身につける機会を保証していかなければいけない」と述べ、教育改革に取り組む政府・与党への支持を訴えた。


もっと言ってやれー

April 13, 2007

[政治] 国民投票法案が衆院を通過
April 13, 2007 05:11 PM written by 兼乃

国民投票法案が衆院を通過
(Sankei WEB)
憲法改正手続きを定める国民投票法案の与党修正案が13日午後、衆院本会議で採決され、自民、公明両党などの賛成多数で可決、衆院を通過した。

選挙の投票率が50%を切る事も珍しくない昨今で、どれだけ民意を反映できるのか分からないところもあるけれど、民意を知る上でも国民投票は良いことだとは思うのだけど...。

「むちゃくちゃ」 抗議の声相次ぐ 国民投票法案採決 - 政治
(asahi.com)
日比谷野外音楽堂で開かれた抗議集会では、共産党の志位委員長は「拙速を避けて徹底審議を求める国民の多数の声を与党は踏みにじった」と批判。社民党の福島党首も「民主主義を踏みにじり、憲法を変えるための国民投票法の成立を許してはいけない」と訴えた。

国民が直接投票をする国民投票のどこが民主主義を踏みにじっているのか、小一時間問い詰めたい。

関連:[>>痛いニュース(ノ∀`):【政治】「むちゃくちゃだ」「民主主義踏みにじった」 国民投票法案採決に抗議の声相次ぐ…朝日新聞]

April 12, 2007

[慰安婦問題] 米議会調査局の報告書
April 12, 2007 02:51 PM written by 兼乃

「組織的強制徴用なし」 慰安婦問題 米議会調査局が報告書
(Sankei WEB)
【ワシントン=古森義久】米国議会調査局は日本の慰安婦問題に関する決議案に関連して議員向けの調査報告書をこのほど作成した。同報告書は安倍晋三首相の一連の言明を「矛盾」と批判しながらも、焦点の「軍による女性の強制徴用」については軍や政府が全体としてそうした政策をとってはいなかったことを認める見解を明らかにした。


この報告書をウリナラフィルターを通すと
米国議会調査局は最近、旧日本軍の「従軍慰安婦」に関する報告書をまとめ、その中で「日本政府と旧日本軍が慰安婦の強制動員に関与した証拠は明白であり、旧日本軍が慰安婦の募集から慰安所の運営に至るまですべての段階に関与していた」という見解を示した。

と、なるらしいですw
いろんな意味ですばらしすぎますw

情報源:[>>特定アジアニュース: 『慰安婦問題』でアメリカの議会調査局が報告書を作成!]

一応原文の転載サイト
[>>macska dot org » Blog Archive » 日本軍「慰安婦」問題についての米国議会調査局の報告書]

April 10, 2007

[社会] 井戸・兵庫県知事が石原氏批判
April 10, 2007 10:14 AM written by 兼乃

「そんな認識だと心配」 井戸・兵庫県知事が石原氏批判
(asahi.com)
東京都知事選で3選を果たした石原慎太郎知事が8日夜の会見で「神戸の地震の時なんかは、(自衛隊の派遣を要請する)首長の判断が遅かったから、2000人余計に亡くなった」と発言した問題で、兵庫県の井戸敏三知事は9日の定例会見で、「失礼な発言だ」と批判した。

 井戸知事は阪神大震災について「明け方の突発的な上下動が激しい地震で、多くの犠牲者が圧死だった。公的救済が入る前に、地域住民による救済が必要な状況だった」と言及。そのうえで「『関東大震災』が起こるとされている東京都のリーダーが、そのような認識だといささか心配だ。都民も心配で眠れなくなるのではないだろうか」と語った。

なんか、この兵庫県知事は石原知事を批判したいがために言ってることがめちゃくちゃだな。
公的救済が入る前に、地域住民による救済が必要な状況だった
とか、なに言ってるのか意味ワカンネ。

地震による被害者は圧死による人だけじゃないだろうし、全員が即死ではないだろうし、二次災害もあるだろうし、自衛隊の派遣は早ければ早いほど良いと思うウチは変なのだろうか?

April 08, 2007

[社会] 都知事選、石原氏が当確
April 08, 2007 10:37 PM written by 兼乃

都知事選、石原氏が当確
(Sankei WEB)

石原氏も諸手を挙げて褒められる候補では無いのだけれど、他の候補者に比べれば何倍、何十倍も「マシ」って事で予想通りかな。

あとはアッチ系のメディアがどう騒ぐか見物ですw

March 30, 2007

[社会] 「慰安婦問題」@読売新聞
March 30, 2007 11:37 PM written by 兼乃

読売新聞が『慰安婦問題』についてまとめてくれました!
(特定アジアニュース)

・基礎からわかる「慰安婦問題」  〜読売新聞紙面より〜
(アジアの真実)

まさか読売新聞がまともなまとめを出すとは思わなかった。
ただ一つ残念なのは紙面のみでネット上で公開したデータが無いくらいかなぁ。

多少長いですが過不足無くまとまってますので「慰安婦問題」がよく分からないって方は一読しておくと良いかも?

March 28, 2007

[靖国問題] 「合祀可」と見解
March 28, 2007 10:41 PM written by 兼乃

69年に「合祀可」と見解(03/28 19:06:51)
(福島民友)
靖国神社問題資料集
靖国神社問題資料集 [>>福島民友]

A級戦犯の靖国神社への合祀をめぐり、神社側が1969年に開かれた厚生省(当時)との会合で「合祀可」との見解を記した文書を提示していたことが、国立国会図書館が公表した「新編 靖国神社問題資料集」で28日分かった。  文書は靖国神社調査部が作成した「合祀に関する検討資料」。「外部公表は避ける」と注記しており、世論の動向を気遣っていたことがうかがえる。  実際に合祀したのは78年だが、その9年前に神社側は一定の結論に達しており、厚生省も把握していたことが明らかになった。A級戦犯合祀の経緯をめぐる貴重な資料になりそうだ。  会合は69年1月31日、靖国神社社務所で開催され、神社側からは権宮司ら、厚生省側からは援護局の課長らが出席した。文書には「再確認事項」として「法務死没者」の「A級(12名)」と「内地未決死没者(10名)」が「合祀可」と記されている。  後に合祀されたA級戦犯は14人。極東国際軍事裁判(東京裁判)の未決拘留中に死亡した松岡洋右元外相と永野修身元海相は「内地未決死没者」に含まれているとみられる。

今頃出てきたのはちょっと疑問だが・・・まぁ「外部公表は避ける」てあるしな。
つまりは、合祀のままで問題ない訳だ。

共通カテゴリ記事